衛生害虫・害虫駆除ならお任せください!

ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7758

フリーダイヤル0800-805-7758

吸血する5mmの害虫

生態だろうが悪質極まりない

前記事から引き続きトコジラミのお話になります。この虫、実はダニやノミと同じで人間やペットの血を吸血して生きています。ダニは肉眼で見えないほど小さいので吸血されても量は知れていますが、トコジラミのサイズは5mmにも及ぶので、吸血の量も相対的に多くなります。
厄介な面は他にもあります。なんと、夜行性です。従って、人間やペットが寝静まっている間に活動したり吸血しているのです。昼間は壁の梁や、障子の枠、畳の隙間などに集団で身を潜めています。
夜、暗くなって人間が寝静まると行動を開始し、ノミと同じく、体温と二酸化炭素を完治して狙いを定めてきます。なのでお酒を飲んだ夜などは特に注意が必要と言えるでしょう。
血液でお腹がいっぱいになって満足したトコジラミは再び、一目の付かない場所に戻っていく。人間に残されるものは、ダニのような赤い刺され跡と強いかゆみです。
ノミに刺された時のかゆみは蚊よりも強いと記載しましたが、トコジラミはその上をいくさらに強いかゆみがあると言われています。

人間だけの被害であれば「かゆい!」などと症状のアピールができますが、ペットにも被害が及んだ場合、強いかゆみによってストレスを与えることになります。
それを防ぐためにも南京虫駆除=トコジラミ駆除を行う必要があるのです。